そのパソコンはまだ使える

| コメント(0) | トラックバック(0)
Windows8が10月26日に発売となるといわれても、あまり心ときめくものがない。

パソコンの業界にどっぷり身を浸している者がこんなことを言ってるぐらいだから、一般ユーザの皆様のシラケた空気というのも想像することは難しくない。

すでにイノベーションの主戦場はネット向うに移り、今やスマホやタブレットへとデバイスの主役すら交代の時期を迎えている。

今さらパソコンのことなんて語ることがあるのかね。

皆様がそう思われのも無理はない。

だけど調べ物をするとき、オフィスででーんと腰を据えて、創造性をフル回転させるとき、適度に大きい画面はあなたの生産性を一番増幅してくれるはずです。こういう状況でスマホというのはあまり賢明な方法とはいえない。

ではそこで最新のパソコンを使えば、生産性は最大化されるのか。

そうでもないことは、これまでのパソコンの歴史が物語っています。

Windows Vista登場時に、生産性が一時低下したように見えたのは、WindowsXPの完成度が極めて高かったためといえるでしょう。

新しいものに飛びつくときに、そこには習熟のための生産性の谷間があって、これを乗り越えたあかつきには、新しい技術による果実を手にすることができる。

だけど、新しいだけ、目先が変わっただけの技術なら、習熟のためのコストは時間や労力の浪費につながる。

Windows8でタブレットのユーザインタフェースを一気にスタンダードの地位にまで高めたい、そういう意気込みはわかる。

だが、実際に使ってみると、そちらはあんまり使わずに、デスクトップ側、これまでのWindowsと互換性の高い部分ばかり使う自分に気づく。

とすれば、あなたにとって、お父さんにとってWindows8とはいかなる価値があるというのか。

ここまで読んでネガティブな結論を予測されたお父さん、ごめんなさい。

それでも、Windwos8に乗り換える価値があります。

なぜかといえば、3千円程度でアップグレード権が販売されると言われているからです。

あなたがVistaのユーザだとしましょう。

これまで失敗作だ遅い使いにくいとボロクソに言われ、WindowsXPより早く終焉を迎えかけたVista。

だけどこれを3千円でWindows8にできるというのなら、これはもはや過去の瑕疵を一気に挽回できる。

体感性能上はきっと少し速くなる。

安くなったメモリを中古でもいいからフル装備し、これまた安くなったSSDで遅いハードディスクを置きかえれば、当時超高額だったフルスペックPCが見事によみがえる。

だから、ちょっと旧めのパソコンをもっている貴兄、お父さん。

そのパソコン、捨てずに、もうちょっと使ってみましょう。

パソコンのハードはいつか寿命が来ます。

その寿命までは、きっちり役に立つ、そういう世界が開けておりますので。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pc6.info/x/mt/mt-tb.cgi/1

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、pc6.infoが2012年8月21日 10:57に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「WindowsXP機は使い倒せ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。